アメリカ視察に行ったほうがいい理由

理由その1 海外に行くとアイディアがでる!

海外に一緒にいったクライアントさんから、まったく関係ないところで、「こんなこと思いついたんだけど、どう思う?」っていうのをよく聞かれる。これは脳神経の構造からしたら当たり前のこと。普段使ってない脳をつかうと電気が走るので、それでアイディアがでる。

 

理由その2 勢いを感じてもらう!

経営者は前向きのほうがいいし、元気なほうがいいから、元気な環境を見といたほうがいいということ。

 

理由その3 ビジネスの発想を学びに行く。

「ビジネスモデルは、アメリカで学び、伝統は、ヨーロッパで学び、そして、アジアで実践する」 の考えの基、アメリカに毎年学びに行きますが、新しいビジネスモデルは、アメリカでしか生まれないと言っても過言ではないくらい、アメリカはビジネスモデルが進んでいます。アメリカは多民族国家で、英語を上手に話せない人は8.7%いる(「米国地域社会調査」(ACS)より)ので、いろんな仕組み作りがとてもわかりやすいため、勉強しやすいのです。

 

理由その4 海外に行かなきゃ良かったって行った人がゼロ!

それが答えだと思うし、行くなら絶対海外を良く知っている人に連れて行ってもらって、教えてもらったほうがいい。

過去の 動画

視察同行:継続経営コンサルタント野田宜成の実績

海外視察実績
携わった企業数
経営者勉強会の回数
携わった経営者の数

近年のアメリカ視察の概要

開催年 視察都市・エリア  主要視察先企業
2013年2月 ロサンゼルス、ラスベガス、 ●ザッポス 本社視察
●パタゴニア 本社視察 創立者イヴォンさんインタビュー
2014年7月   ボストン、ダラス、ニューヨーク、 ●サウスウエスト航空 本社視察
2015年4月  フロリダ、ダラス、ポートランド、 ●ギブ・キッザ・ワールド視察
●サウスウエスト航空 本社視察
2016年7月 シリコンバレー、ニューヨーク、  ●Twitter 本社視察
●Google NY見学
2017年5月 ワシントンD.C.、ニューヨーク、
シアトル、ポートランド、ユーリカ、
●NIKE 本社視察 NIKEトップデザイナーインタビュー
●ヨシダソース 本社視察 吉田潤喜会長インタビュー
●NYで12店舗繁盛店をプロデュースした男にインタビュー
2018年1月  ラスベガス、モントリオール(カナダ)  ●CES視察 出展企業の日本人にインタビュー
●シルク・ドゥ・ソレイユ本社視察
2018年8月 ポートランド、シアトル、オースティン、
シャーロット、ニューヨーク
●Indeed本社視察 本社で働く日本人にインタビュー
●シルク・ドゥ・ソレイユ「キダム」鑑賞バックステージツアー

視察概要

  • サークルメンバー価格
アメリカ視察
決断割!(3月迄) 68万円
メンバー早割 (4月迄) 76万円
メンバー価格 85万円
一般価格 120万円

※費用の中に、飛行機、宿泊代、食費は含まれていません。
※現地集合現地解散が基本です。
※費用の中に、テキスト代、解説代、車移動代が含まれます。

【キャンセルポリシー】取消料
受付確認後~91日前まで 視察代金の10%(申込み手続き料として)
90日前~31日前まで  視察代金の20%
30日前~21日前まで  視察代金の50%
20日前~4日前まで  視察代金の80%
3日前以降、または旅行開始(集合時間)後、または無連絡不参加 旅行代金の100%

■90日以降については、旅行会社のキャンセルポリシー: チャーター便を利用する募集型企画旅行契約に準じる

 アメリカ視察2019 スケジュール

8月2日(金)

★ヨシダソース工場見学
★NIKE本社見学予定


8月3日(土)

★吉田潤喜会長主催チャリティーイベントの出席
 http://www.soulfulgiving.org/


8月4日(日)

移動:ポートランド→ダラス


8月5日(月)

★ダラス視察 : 倉石灯氏に同行していただきます。

【倉石灯氏プロフィール】
Wakon Realty Inc. (和魂リアルティ株式会社) CEO
1959年 長野市出身。防衛大学校管理学部卒業。1984年 渡米。ダラス大経営大学院卒業(MBA取得)。1987年 米国三井不動産販売株式会社にマネージャーとして入社。主に米国商業不動産の小口化商品を日本の投資家向けに販売するが、案件の評価・取得・開発・ファイナンス・管理業務に関わり、会社として総額約200億ドル分の不動産を証券化。米国最高峰の認定不動産投資顧問資格CCIMを取得。在職中は同社のバイスプレジデント兼ブローカーオフィサーを務めるが、1998年に退職後、日米間で小口化手法を使った様々な事業を展開。株式会社カナヤマコーポレーション(不動産・建設および第二種金融商品取引業)やアウグスビール株式会社など、日米で十数社の取締役を務め、2005年に自らが代表取締役を務める会社を株式公開。テキサス州で不動産のアセットマネジメント等、商業不動産投資専門家として活躍。米国にてヨシダソース吉田潤喜氏の吉田寺子屋実行委員長、カリフォルニア州倫理法人会副会長、信和義塾大學校ダラス校ならびにロサンゼルス校校長およびキングストン大学プログラム諮問委員はじめ非営利団体数社の理事を務め、和の心(和魂)を伝える。カリフォルニア州オレンジ郡日系協会より功労賞、国際教養振興協会より優秀個人賞を受賞。フェイスブック友達は約4,850人、麺友会(麺類好きの為のグループ)副会長として日米にて年に数回のオフ会を開催。
共著書:『資産家たちはなぜ今、テキサスを買い始めたのか?』(ぱる出版)『なぜ、トヨタはテキサスに拠点を移したのか?』(日本実業出版社)


8月6日(火)

★ダラス視察


8月7日(水)

★ダラス視察

移動:ダラス→サンディエゴ


8月8日(木)

【サンディエゴ特徴】
カリフォルニア”発祥の地”.年間晴天日数、300日以上。米国でもっとも天気のいい街、サンディエゴ。都会の刺激と、ビーチリゾートの愉悦。旅慣れたアメリカ人は、この街をバケーションに選ぶ。アメリカ人が選ぶ住みたい街NO1。

★吉田潤喜会長の豪邸訪問

約843坪(約3万平方フィート)の敷地に建つ3階建ての豪邸にはベッドルームが7部屋も!!

★吉田会長の特別勉強会


8月9日(金)

★サンディエゴ視察

推奨フライト

間もなく掲載致します。

間もなく掲載致します。

間もなく掲載致します。

株式会社ビジネスミート 
代表取締役 継続経営コンサルタント 野田 宜成(のだ よしなり)

「事業を永続させるには、社長が我社の守るべきもの、変えていくべきのものを明確にし、効果的な仕組みをつくることが重要」と主唱する継続経営コンサルタント。

神奈川大学卒業後、日産車体に入社。エンジニアとしてプロジェクトの第一線で継続した品質向上生産効率の改善に従事。その後、船井総合研究所に転身。

不易流行を元とした永く続く企業づくりの指導に邁進する。
独立後も継続する経営をテーマに500社以上の企業を指導。
短期的な視点だけの数字にとらわれず常に売上を向上し、事業を継続させる仕組みを構築させる。

また、経営者のアンテナ代わりとなり、シンガポール、ミャンマー、タイ、台湾などのアジア新興地域、米英などの先進国にも積極的に足を運び継続する経営に役立つ実務を日夜研究。豊富な実務経験と行動力から生まれる視点とその実務は全国の社長から定評を博している。

これらの経験を活かし、
2005年から2006年、沖縄大学大学院非常勤講師。
2011年から2014年、浜松大学経営学部外部講師を務める。

著書『こいつできる!と思われる いまどきの段取り』、『~見えないものがみえてくる~数値力の磨き方』(日本実業出版社)、ビジネス雑誌「プレジデント」への寄稿、シンガポール現地雑誌「JPlus」、日本経営合理化協会へのコラムを連載している。