開催中止のお知らせ

本日、世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大について「パンデミック」を宣言しました。
吉田会長がお住いになるオレゴン州を始め、アメリカの9州がコロナ非常事態宣言を発令しました。

新型コロナウィルス感染症が世界的に拡大しているなか、諸般の状況を鑑み、吉田潤喜★小児がんチャリティ全国講演ツアーを中止することに致します。

厳しい状況下、チャリティ講演を応援してくださいました皆様のお気持ちを考えると、本当に苦しく、申し訳ない気持ちでいっぱいであります。

今回のチャリティ講演サポーターチケット代金につきまして、吉田会長のビデオメッセージにありますように少しでも寄付をしたいという思いがございます。

もしよろしければ、これまでの”草の根”運動の証として、チケット代金を「がんの子どもを守る会」の寄付に回させていただけないでしょうか?

返金ご希望の方は、誠に恐縮ですが
今日から1ヶ月以内(4月12日迄)に

用件:吉田潤喜チャリティ講演チケットの返金について
として
info@noda7.jp にお申し出をお願い致します。

************
“ガンのバカ野郎”運動
吉田潤喜★小児がんチャリティ全国講演ツアー事務局
株式会社 ビジネスミート

吉田潤喜

-Junki Yoshida-

ヨシダソース創業者&ヨシダグループ会長兼CEO

小児がんチャリティー全国講演ツアー

ガンのバカ野郎!

「そして、素晴らしい未来をこの手に」

※「がんのバカ野郎運動」登録商標出願中

 

What About Event

数々の困難を乗り越え、そして、出生直後の長女を助けてくれた病院に寄付をし続ける、日本で生まれ育ち、アメリカで事業を成功させた男が、自分を産み育ててくれた、日本への感謝のお返し、今までの哲学を日本の人々に伝えたい。その収益の一部はアメリカと同じく、子どものがん患者の役に立てて欲しいと願い、寄付を申し出ている。

profile

吉田潤喜 紹介映像

「お返し精神で、全米で大成功した経営者であり、慈善事業家」

現在、ヨシダグループ会長(本社:アメリカオレゴン州ポートランド)

今ではヨシダグループとしてヨシダソースをはじめ、飲料水開発、レストラン経営、マンション・アパートやオフィスビルそしてリゾート開発事業を抱えているけど、過去に4回倒産しかけた。ゴルフ場の開発に投資して失敗した時は、ピストルで頭を撃ち抜いて死のうと思ったことだってある。

 

吉田は、約50年前1979年にたった500ドルの所持金で渡米、食えない中、アメリカでの空手ブームに乗り、日本で習得した空手を活かし道場をオープン。警察学校の逮捕術として、必須項目になるぐらいにまでになり繁盛していたが、アメリカの不景気のあおりを受け、生徒が激減。そかし、そんな時にも、生徒は、クリスマスプレゼントをくれる。でも、お金がなくて、お返しができない。そんな時に、実家のソースを思い出す。それを手作りし、瓶詰めし、ラッピングしてお返しにしたら、ものすごく評判が良く、「売ってくれ」という人が多かったので、事業をする決意をした。

今では、10カ国以上に販売し、日産7万本にまでなったが、4度の倒産しかけたことによりにより、何がビジネスで大切なのか?何が人生に大切なのか?これを、倒産寸前に追い込まれるたびに、学んできた。

 

お金は追いかけると逃げていく。

でも、危機になると、いつも誰かが助けてくれた。人が成功して大きくなっていくには、感謝して、返していかないと。要するにお金儲けより、人儲けなんだよ。お金を追いかけるのではなく、人にお返しをしていくこと。

 

今、日本は、外から(アメリカから)見ていると元気が無くなっている気がする。もっと、もっとやんちゃでいいと思う。僕が、机上で学んだことではなく、実践で学んできたことを、日本の人たちに恩返しできるなら、今まで得てきた成功哲学をすべて、伝えていきたいと考えている。(聞き手 野田宜成)

吉田潤喜プロフィール

1949年12月7日、7人兄弟の末っ子として京都で生まれる。空手八段。アメリカにあこがれ、1969年1月24日に$500だけを持って単身渡米。波乱万丈のアメリカ生活をサバイブした末、自家製秘伝のタレをベースにしたヨシダソースを生産販売してアメリカンドリームの体現者となる。米国の中小企業局(SBA)が50周年記念に選んだ全米24社の中に、FedExやインテル、AOL、ヒューレットパッカードなどと並んで「殿堂入り」を果たす。2005年にNewsweek誌(日本版)「世界で最も尊敬される日本人100」に選ばれ、2010年7月にはアメリカと日本の友好に貢献したとして「外務大臣賞」を受賞。現在ヨシダグループの会長兼CEOとしてヨシダソースをはじめ、飲料水、レストラン経営、マンション・リゾート開発事業を抱える傍らオレゴン州ビジネス開発局、地元の病院、コミュニティーカレッジなどの理事を務める。慈善活動にも注力し、子供病院ガンリサーチのための寄付や各コミュニティーカレッジへ学生たちの奨学金のための寄付を絶えず行っている。

ガンのバカ野郎!

がんのチャリティに本腰を入れ始めたのは、部下や家族を次々にがんで亡くしたから。片腕のマットこと、カリフォルニア州サクラメント出身の吉田グループのマヒュー・ガスリー前社長(55歳)を腎臓がんで、有能な秘書のカン・ヨンジャさん(47歳)を 卵巣がんで、リンダ夫人の父親(66歳)を 結腸がんで亡くした。

悔しい思いを、何とかできないかと非営利団体のソウルフル・ギビング財団(Soulful Giving Foundation)を設立し、コンサートのチケットを販売して、売上げをオレゴン州ポートランドのプロビデンス・キャンサー・リサーチセンターやランダル子供病院に寄付している。2016年は約2,700万円を寄付した。

子供がん協会理事、オレゴン州のドーエンベッカー子供病院18年間理事、ランダル子供病院などに貢献。2011年には米国赤十字から、フィランソロピスト(慈善家)オブ・ザ・イヤーを受賞。

貢献する理由は?

長女が生まれた直後に大病にかかり、シアトル子供病院に駆け込んだんだ。先生達が24時間つきっきり、5日間続けて治療してくれたから、クリスティーナは助かった。子供病院はお金がないことを察してくれて、たった250ドルだけ請求された。その時、いつか絶対に恩返ししようと心に誓った。

日本では?

今まで、日本には恩返ししたくとも、何もできなかった。これをキッカケに何かできたら良いなと思う。講演活動を通じ、恩返しのスタートをしていきたい。講演の収益金の一部を、子どものがん治療のために寄付していきたいと考えている。

参加者の声

Message

What people say?

豪快で、繊細で、優しくて、厳しい。甘えん坊で、傷付きやすい癖に負けん気は世界一。アメリカではイチローよりも有名な日本人、というのは本当 で、オレゴン州で彼を知らない人はいない。苦労人だから人の痛みもちゃんと判るから、辛い思いをしている人こそ彼の話を聞いて欲しい。きっと元気とやる気がが沸いてくると思う。 大好きで素晴らしいおっさんだ!
さだまさし
シンガーソングライター
吉田潤喜会長が、癌撲滅のために、立ち上がりました!会長のパッションが、全国に飛び火しています。その様子を見ているだけで、心が熱くなります。 大切な方を癌で亡くした方は、多いと思います。彼らとの思い出を胸に、やれることは、全力でやって いきたいと思います。 皆さん一緒に、このキャンペーンを盛り上げましょう!!
本田健
ベストセラー作家

開催は中止となりました

3月27日(金) 金沢

金沢市文化ホール

開場:18:20

開演18:45〜21:30

3月29日(日) 岡山

スクエアホール

開場13:20

開演13:45〜16:30(終了予定)

3月31日(火) 沖縄

kiji1Img

※当初と会場が変更になっております。お気をつけください。

開場18:20

開演18:45〜21:30(終了予定)

4月2日(木) 東京

帝国ホテル

????????????????????????????????????

開場18:00

18:30-19:30 ミュージカル鑑賞

19:30-21:00 講演会

21:00-22:00 カクテルパーティー

チャリティースポンサー

今回の全国チャリティーツアーに支援していただいた企業・個人の皆様になります

こちらにチャリティースポンサーの皆様のロゴ等を掲載させていただきます。

ご購入いただいたチャリティーチケットに関して

本日、世界保健機関(WHO)は
新型コロナウイルスの世界的な感染拡大について
「パンデミック」を宣言しました。

吉田会長がお住いになるオレゴン州を始め、
アメリカの9州がコロナ非常事態宣言を発令しました。

新型コロナウィルス感染症が世界的に拡大しているなか、
諸般の状況を鑑み、
吉田潤喜★小児がんチャリティ全国講演ツアーを中止することに致します。

厳しい状況下、
チャリティ講演を応援してくださいました皆様のお気持ちを考えると、
本当に苦しく、申し訳ない気持ちでいっぱいであります。

今回のチャリティ講演サポーターチケット代金につきまして、
吉田会長のビデオメッセージにありますように
少しでも寄付をしたいという思いがございます。

もしよろしければ、これまでの”草の根”運動の証として、
チケット代金を「がんの子どもを守る会」の寄付に回させていただけないでしょうか?

 

返金ご希望の方は、誠に恐縮ですが
今日から1ヶ月以内(4月12日迄)に

用件:吉田潤喜チャリティ講演チケットの返金について として
info@noda7.jp にお申し出をお願い致します。

************
“ガンのバカ野郎”運動
吉田潤喜★小児がんチャリティ全国講演ツアー事務局 
株式会社 ビジネスミート

About donations

寄付先について

沖縄の寄付先は首里城の復興支援に!

事務局:株式会社ビジネスミート

代表取締役 野田宜成

©2019 株式会社ビジネスミート