2020年3月14日(土)〜15日(日)

台北視察

視察都市

Inspection city

台北
-Taipei-

成長をつづけている台湾。

日本からわずか3時間で行ける場所。

面積は

3万6千平方キロメートルで、九州よりやや小さい。

人口は

約2,359万人(2018年12月外務省HP)

首都 台北市は、約267万人

GDPは、5,894億米ドル
(農業1.7%,工業35.4%,サービス業62.9%)
(2018年台湾行政院主計處)

1人あたりGDPは、25,048米ドル(2018年台湾行政院主計處)

スケジュール

※スケジュールは変更する可能性がございます。予めご了承ください。
 スケジュールは随時更新していきます。

3月14日(土)

19:00 集合 (集合先は台北中心部 申込者に別途お伝え)

夕食後・夜の街を散策します

◆台湾の街中
小籠包 : 台湾はとにかく食べ物がおいしい
台北101 : 高さ509.2mで、地上101階 2007年7月にドバイのブルジュ・ハリーファに抜かれるまでは世界一
夜市 : 夜、毎日お祭りという感じ♪ 夜をどうすると健全に活性化できるか?そのヒントが台湾と韓国にあるように思います。

 

3月15日(日)

9:00-12:00 ★視察

無人コンビニ大潤發

玉山銀行(顔認証ATM)
X-STORE(セブンイレブンの無人コンビニ)

◆誠品グループ(誠品書店):その中でも、松山文創園区には日本統治時代のタバコ工場がリノベーションされ、台湾デザインセンターが入居したり、巨大倉庫ではさまざまな劇やアートイベントが開催されていたりします。その同一敷地にPFI方式(民間の力を活用した公共施設の運営などの手法)での再開発が行われ、そのテナントとして誠品グループが「誠品行旅」というホテルと「誠品生活」という商業店舗を複合で出店しています。

など

 

12:30-14:30 ★セミナーも開催します!

テーマ

売上げ競争を辞めよう!
「中小企業の負けない経営論」
〜売上競争を辞めるために何をするか?〜

 

推奨ホテル情報

決まり次第、掲載いたします。

推奨フライト情報

12月2日現在の価格

※松山空港は101までタクシーで15分ほどの距離
※桃園空港は1時間ほどかかる距離

土曜、日曜だけで滞在する方向け

エバー航空利用 46,710円〜
3月14日(土) BR2175便
12:15東京(羽田)→15:00台北(松山)
3月15日(日) BR190便
16:05台北(松山)→19:55東京(羽田)


JAL利用 89,010円〜
3月14日(土) JL097便
08:35東京(羽田)11:40台北(松山)
3月15日(月) JL098便
15:35台北(松山) 19:25東京(羽田)
 

LCC利用 月曜の朝には日本着 ¥20,180〜

12月14日(土)
スクート(Scoot) TR899便
11:45NRT 東京 成田→15:10TPE 台北 台湾桃園国際

12月16日(月)
ジェットスター(Jetstar)航空 JQ12便
3:20TPE 台北 台湾桃園国際→7:30NRT 東京 成田

 

土曜、日曜、月曜で滞在する方向け

JAL利用 60,010円〜
3月14日(土) JL097便
08:35東京(羽田)11:40台北(松山)
3月16日(月) JL096便
09:30台北(松山) 13:20東京(羽田)
 

ANA利用 53,610円〜

3月14日(土)NH853便
12:40
東京(羽田)→15:50台北(松山)
3月16日(月)NH852便
13:30台北(松山)
→17:30東京(羽田)

台北視察ダイジェスト

https://medium.com/tichise/-144c408e4029より
https://medium.com/tichise/-144c408e4029より
https://medium.com/tichise/-144c408e4029より

視察概要

  • 台北視察 参加費用

今回はスケジュールが短めであり、通常の視察とは違うのでスペシャルプライスでご参加いただけます。

・個別の企業訪問がありません
通常の視察は、5~10社程度アポを取り、企業のこと、その国のことを教えて頂きます。深く知りたい方は、通常の視察をおすすめします

・通訳がつきません
野田が知っている限りのことでお答えしますが、現地の人に深く質問はできません。これも要望があれば、通常の視察をおすすめします

・テキストがつきません
通常の視察では、100ページを超える資料をお渡ししていますがそれが付きません

サークルメンバー価格 3万円(12月末迄)
一般価格 5万円(12月末迄)

※飛行機代、宿泊代、食事代は含みません

視察同行:継続経営コンサルタント野田宜成の実績

海外視察実績
携わった企業数
経営者勉強会の回数
携わった経営者の数

株式会社ビジネスミート 
代表取締役 継続経営コンサルタント 野田 宜成(のだ よしなり)

「事業を永続させるには、社長が我社の守るべきもの、変えていくべきのものを明確にし、効果的な仕組みをつくることが重要」と主唱する継続経営コンサルタント。

神奈川大学卒業後、日産車体に入社。エンジニアとしてプロジェクトの第一線で継続した品質向上生産効率の改善に従事。その後、大手経営コンサルタント会社に転身。

不易流行を元とした永く続く企業づくりの指導に邁進する。
独立後も継続する経営をテーマに500社以上の企業を指導。
短期的な視点だけの数字にとらわれず常に売上を向上し、事業を継続させる仕組みを構築させる。

また、経営者のアンテナ代わりとなり、シンガポール、ミャンマー、タイ、台湾などのアジア新興地域、米英などの先進国にも積極的に足を運び継続する経営に役立つ実務を日夜研究。豊富な実務経験と行動力から生まれる視点とその実務は全国の社長から定評を博している。

これらの経験を活かし、
2005年から2006年、沖縄大学大学院非常勤講師。
2011年から2014年、浜松大学経営学部外部講師を務める。

著書『こいつできる!と思われる いまどきの段取り』、『~見えないものがみえてくる~数値力の磨き方』(日本実業出版社)、ビジネス雑誌「プレジデント」への寄稿、シンガポール現地雑誌「JPlus」、日本経営合理化協会へのコラムを連載している。