シェアオフィス

限定募集!!あと5名!!

ビジネス成功は人脈と情報!

日本には、昔、長屋の文化がありました。
大家族のように、得意な人が得意なことをやり、そして、貸し借りも気楽に。
そこには、笑顔が溢れている。そんなシェアオフィスを創りたいと思ったのです。

野田が最初に独立をしたとき、
何が辛かったか?

それは、人と話す機会が減ったことです。作業は黙々とする。

会社にいるときや、仲間と一緒の時には何か詰まったとき、何かアイデアを思いついたとき、すぐそばに、話せる人、聞いてくれる人がいたら話すだけで、アイデアが広がったり、整理されたり、気持ちが落ち着いたり、ワクワクしたりすると思うのです。

誰もがスタートの時があるはずです。
その時に、お話し相手になってあげられる。

さらには、野田が得意なこと、それは、継続するために楽しい会社を創ること。それのアドバイスはできますし、その代わりに、得意なことを僕にも教えてください!!


こんな人にお勧め


・自分で独立した、または独立しようとしている。が、1人ではいろいろ不安。
・コンサルティングに頼みたいが費用的に大変、もっと兄貴的な存在が欲しい。
・とりあえず、東京でオフィスが欲しい、必要
・孤独より、仲間でくみ上げるのが好きな人
・独立を考えているが何からやったらよいかわからない


こんな特長があります!!


・コンサルタントがいます(居ないときもあります(>_<))
・事務所でミニ勉強会しています(ドンドン参加してください)
・その代わり、あなたの専門を教えてください
・専門集団です。いろんな相談ができます。
・よく、ミニパーティしています(低価格)
・ちょっとした雑談が勉強になる
・野田の仕事の進め方、マインド、思考、ロジックが垣間見れる。
月初ミーティングに出席できる。
・ビジネスアイディア、コラボが生まれる。
チーム感がともかく楽しい。これは一人では決して味わえない!
・ビジネスミートのイベント(研修・スポーツ企画・視察・パーティ)に優先的に参加できる。

   


★オフィスの利用や、オフィスでの各種案内には
 シェアオフィスメンバー限定のFacebookグループを利用させていただきます。


■ 費用

20160126_1275499
 (消費税別、初月契約事務手数料 1ヶ月分)

 価格だけで見る人には向かないかも、プライスレスな魅力が特長です♪

 

シェアオフィス見学・ご入居希望の方

↓ ↓ ↓

※人数に限りがありますので、定員になり次第、締め切りさせていただきます。

※ 契約事務手数料 1ヶ月分
※ 光熱費、インターネット利用料込み、高性能プリンタ完備(印刷代別途)
※ 使用可能時間:9:00~18:00 (応相談)
※ 意思疎通、ビジネスマインドの共有をはかるため
 経営者勉強会ビジネスサークル にご入会いただきます。

⇣泉岳寺駅からオフィスまでの道順

 

 


 《 ご入金方法 》 

前月末日まで(銀行営業日)のご入金にご協力ください。

1) 銀行振込 
三菱東京UFJ銀行 逗子支店
口座の種類:普通口座
口座番号:0658628
名義:株式会社ビジネスミート
フリガナ:カ)ビジネスミート

2) 銀行口座自動振替(毎月27日) 

所定の書類をお送りします。
担当(info@noda-net.com)へご一報ください。
なお、手続きに2~3ヶ月かかります。ご了承ください。

3) クレジット払い


 《 紹介動画 》

シェアオフィス見学・ご入居希望の方

↓ ↓ ↓

※人数に限りがありますので、定員になり次第、締め切りさせていただきます。
※お気軽に問合せもどうぞ♪ info@noda7.jp

株式会社ビジネスミート 担当:野田稔子
TEL 03-6277-0666 / FAX 03-6277-0667

住所:東京都港区高輪2-1-13 207
Mail info@noda7.jp

 



 

■中小企業にとって、「なぜシェアオフィスなのか?」

2つの理由があります。

1つは、「経費の観点から」

中小企業は、潤沢に経費があるわけではありません。

だから、支店や支社に出すときや、
少し、人が増えて手狭になったときに事務所拡張したい時など

すぐに、固定費を多くかけるのではなく

まず、シェアオフィスなどで、
経費の増加利が急激に上がるのを防ぐようにします。
もう1つは、
空きスペースをシェアオフィスとして貸し出すのです。

2つ目は、「人財と情報の観点から」

中小企業が、最も大変なのは
優秀な人が欲しいが、経費をかけられないから、人件費を捻出できない。

そして、
いろんな情報を得たいが、小さな情報ばかりになってしまい、社内に刺激的な情報が飛び交わない。

この2点から、「シェアオフィス」を利用する、
または、シェアオフィスを運営することが、
中小企業の選択肢になると考えています。

今、中小企業は非常に有利な時代がやってきていると思います。

かつて無いほど、経費を削減できるようになってきました。

その1つの理由が、「シェアリングエコノミー」です。

「シェアリング・エコノミー」とは、
典型的には個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のものも含む)の

貸出しを仲介するサービスであり、
貸主は遊休資産の活用による収入、
借主は所有することなく利用ができるというメリットがある。

シェアリング・エコノミーは
シリコンバレーを起点に
グローバルに成長してきた。

PwCによると、2013年に約150億ドルの市場規模が2025年には
約3,350億ドル規模に成長する見込みである。


(出典)PwC「The sharing economy – sizing the revenue opportunity」

 

海外におけるシェアリング・エコノミー型サービスの例

このように、自前で資産を持たないといけなかったことが、可能になりました。

そして、シェアフィスのおもしろさは
事務所の空きスペースを利用し、貸し出しをし、
外部のフリーランスなどよく働く、面白い情報を持っている人と
同じスペースで社員が接触できます。

それにより、
新しい情報が入ってきますし、
一緒に仕事をしたくなる優秀な人と、雇うという形式以外で
結びつきを持ち、仕事を一緒にすることが出来ます。

シェオフィス、シェアリングエコノミー
これから、注目される分野で有り、活用すると良いものです。