視察に行ったほうがいい理由!!

理由その1 海外に行くとアイディアがでる!

海外に一緒にいったクライアントさんから、まったく関係ないところで、「こんなこと思いついたんだけど、どう思う?」っていうのをよく聞かれる。これは脳神経の構造からしたら当たり前のこと。普段使ってない脳をつかうと電気が走るので、それでアイディアがでる。

 

理由その2 勢いを感じてもらう!

経営者は前向きのほうがいいし、元気なほうがいいから、元気な環境を見といたほうがいいということ。

 

理由その3 刺激!驚き!急成長!?最先端からパクリまで何でもあり!?を肌で感じる

理由その4 海外に行かなきゃ良かったって行った人がゼロ!

それが答えだと思うし、行くなら絶対海外を良く知っている人に連れて行ってもらって、教えてもらったほうがいい。

視察トピックス

深セン

わずか30年足らずで、人口が30万人から1400万人に増加するなど、人類の歴史上比類のないスピードで発展した深セン。世界の工場として知られたこの場所は、今も中国全土から若者が集まり、65歳以上の高齢者は2%しかいない。

世界を驚かせる!?

■1万店舗以上の電気店・パーツ問屋が集中し「ここにない部品はこの世にない」「ここでの1週間はシリコンバレーでの1ヵ月」などと言われる深センの電気街「華強北」を散策

深セン”ユニコーン企業”去年は既に12社 資本対象として注目されてるのはこの手の企業! http://whitehole.asia/2017/10/10/sz_unicorn/

世界初の小米(シャオミ)旗艦店 深センでグランドオープン http://whitehole.asia/2017/11/07/sz_xiaomi/

世界最大のドローンメーカーDJIの初の旗艦店 

■深セン市の南山区にはシリコンバレー的な意味を持つ「科技园」と呼ばれるエリアがあり、その一帯に多くのIT企業が乱立している。

世界初が深セン!?

世界初のMUJI HOTELが深センに完成!
 予約が取れるか調査中 https://hotel.muji.com/ja/

パクリ(真似る)!?

ここまでパクれば圧巻!シェイクシャック!? http://whitehole.asia/2017/11/13/shakeshack/

 

広州

広州は珠江デルタ地帯の北部に位置する港湾都市で、北京上海に並ぶ中国三大都市の一つです。改革開放後、香港に隣接するという地の利を生かして中国全土の先陣を切って発展したことから、商業都市というイメージが強いのですが、その実、2000年以上の歴史を持つ古都でもあり、見ごたえある遺跡が豊富に残る観光都市でもあるのです。ここではそんな広州の魅力を様々な角度から紹介していきます。

■ザハ・ハディド建築物 広州歌劇院(広州オペラハウス、中国・広東省広州市)

 珠江を見渡す広州歌劇院は、広州の文化開発地区の中心に位置する。建物は、丸い石を連想する形態だ。2つの“丸い石”で構成し、大きい石には1800席の劇場、小さい石には400席の劇場がある。

 

予定スケジュール

 

※詳細は今しばらくお待ち下さい。

 

2018年3月の深セン視察の様子↓

世界初の無印良品のホテルに宿泊!MUJI HOTEL SHENZHEN
ウィーチャットペイで支払い!無人コンビニを体験!
無人のイートインスペース!コンビニとしても利用できる。

視察概要

  • 参加費:ビジネスサークルメンバー 6万円・一般 9万円

※費用の中に、航空券・ホテル代・食事代・現地移動費・懇親会経費などは含まれていません。
※現地集合現地解散が基本です。
※費用の中に、テキスト代、解説代が含まれます。

【キャンセルポリシー】取消料
受付確認後~91日前まで 視察代金の10%(申込み手続き料として)
90日前~31日前まで  視察代金の20%
30日前~21日前まで  視察代金の50%
20日前~4日前まで  視察代金の80%
3日前以降、または旅行開始(集合時間)後、または無連絡不参加 旅行代金の100%

■90日以降については、旅行会社のキャンセルポリシー: チャーター便を利用する募集型企画旅行契約に準じる