深セン視察に続き、中国2都市目で上海視察を企画します!
頭の中で描いている中国のイメージと、実際の今の中国を体験しに行きませんか?

2018年6月 上海視察 〜ASIA CES 2018、上海の最先端を体験する〜

刺激!驚き!急成長!?最先端からパクリまで何でもあり!?を肌で感じる

ShanghaiTower118thFloorObservationDeck

上海はどんな都市?

上海(Shanghai)、そこは訪れるたびに街の景色や人々のエネルギーが拡大しているダイナミックな街である。上海の経済力は中国の中で最も豊かさを誇り、北京と並びチャイナパワーの中心である。元々1920~30年代の上海は、極東最大の都市であった。東洋の魔都とも呼ばれる上海は、人々の憧れの街であり人を魅了してやまない。 街の人々の表情は明るく余裕が感じられる。朝は街の至るところの公園で太極拳の体操をする人をよく見かけた。スローモーションのような動きで手足の関節を極限まで伸ばし、その表情は恍惚状態になっている。通勤も昔は自転車だったが、今は音も無く近づいて来てさっと過ぎ去っていく電動自転車やバイクや車が多い。南京東路の歩行者天国を歩くと上海の女性のファッションも確実に日本並みに近づいていることを実感する。 上海には伝統とモダンが織り交ざった独特の文化があり、私の好きな街である。租界地区(バンドエリア)や明の時代に造られた豫園のように伝統が息づいているところがあれば、一方で中国一の高層ビルや高級マンション、世界で初めて実用化したリニアモーターカーのように近代的で最先端の技術導入などがある。

TOPIX

ces-asia-latestnews

CES ASIA 2018

1月に米ラスベガスで開く世界最大の家電見本市である「CES」は、対象がグローバルマーケットであるのに対し、上海で開く「CES ASIA」は中国とその周辺のアジアマーケットが対象。ターゲットはかなり異なるが、消費者向けテクノロジーのエコシステムを代表する場としては同じ役割を担う。しかも上海は、アジアにおける商業のハブといえる要所だ。

1600x-1

世界一大きいスターバックス

中国・上海に12月6日、世界一大きいスターバックス店舗がオープンした。敷地面積は約2700平方メートルで、店内には生豆を焙煎する設備が整い、AR(拡張現実)を使ったアプリなども活用できる。上海にオープンしたのは、スタバの新形態「Starbucks Reserve Roastery(スターバックス リザーブ ロースタリー)」の専門店。2014年に開店したシアトル店に次ぎ、上海店は世界で2店舗目になる。「スターバックス リザーブ ロースタリー」では生豆からコーヒーの焙煎を店内で行うだけではなく、パンやケーキを調理するキッチン、ギフトショップなどを一体型で楽しめる施設になっている。

■上海にある無人コンビニの実店舗『Auchan欧尚 minute

関連記事:http://www.mag2.com/p/news/345957

■盒馬鲜生(ファーマーシェンション)は、アリババの目指す「ニューリテール」を体感できる店舗

関連記事:https://glotechtrends.com/alibaba-new-retail-170906/

■いつでも本が借りられる24時間営業「セルフ図書館」

関連記事:http://www.nicheee.com/archives/2161267.html

 

予定スケジュール

※予定は変更する可能性があります。

6月12日(火) 1日目 上海

6月13日(水) 2日目 上海

・CES ASIA  2018

6月14日(木) 3日目 上海

 

問合せ先:info@noda7.jp

日程

日程:6月12日(火)〜6月14日(木)

参加費
ビジネスサークルメンバー 早期割引 9万円(3月末迄)
ビジネスサークルメンバー 12万円
一般価格 15万円 

(航空券・ホテル代・食事代・現地移動費・懇親会経費・消費税など別途)

問い合わせ:info@noda7.jp

推奨フライト

往路便 6月12日(火)

JL873便 9:40 NRT → PVG 12:00

復路便 6月14日(木)

JL876便 14:00 PVG → 18:00 NRT

往路便 6月12日(火)

NH919便 9:50 NRT → 11:55 PVG

復路便 6月14日(木)

NH960 17:05 PVG → 21:00 NRT

※フライト時刻にお気をつけください。

往路便 6月12日(火)

MM899便 2:45 HND → 5:00 PVG

復路便 6月15日(金)

MM898 01:10 PVG → 05:05 HND