第005回2008年1月「7つの整理」〜年間経営計画の策定〜

 

~独自固有の長所を伸ばすのが、幸せな経営だと思います。
 競争ではなく、共生。

 それには、自分の一番が何か?
 どのように進めるか?

 一番の探し方。
 こんな一番があるんだという事例を紹介していきます~

 

1月のテーマは、【独自固有の長所】

1月は、年始め!!年始めに、確認し、ゴールを見直すのはいい時期だと思います。
どうも、いろんな会社を見ていると
『目標達成能力ではなく
  目標設定能力が重要』

の、ようです。だから、この時期に、目標の設定を再度確認するのは、良いかもしれません。

【内容】
● 年始めに確認したいこと

  1) 自社の一番を明確・再確認
  2) 1年の方針
  3) 1年後のゴール
  4) 達成できたらどうするか?
  5) 個々人の役割
  6) 昨年と同じことになっていないか?
    (昨年と同じでは80%の達成)
  7) アピール方法

● 上記実施のための方策
  1) 一番の探し方
    一番なき総合化は、衰退を意味しているようです。
    何でもいいから、一番が必要なようです。
    現在は、誰もが、
    何でも経験し、何でも持っている時代のようです。
    美容室に行ったことのない人はいないですし
    海外旅行に行った事のない人も少ない。

    学生やフリーターでも、クーラーのある部屋に住み
    テレビは、もしかすると2台以上持っている。
    学生ですら、車を持っている(特に地方は)
    その車は、
    エアコンがついていて、パワステで、カーステまで付いている。
       
    私が、小さいころには、
    家にカラーテレビがはじめて来た時は家族中、狂喜乱舞(笑)

    クーラーがある部屋は、クーラーのある部屋と呼び
    車はパワーウィンドーだーと、喜んでいた。(笑)

 

    今は、何でも経験し、何でもある時代、
    そんな時に
    『何でもできます』『何でもあります』は

    何もできません、と同じ。

    印刷屋さんとお付き合いしたことのないお店・会社はなく
    そこに、わざわざ今までのお付き合いしているところではない
    ところに『変えようか?』となるには、よほどの事情です。

 

    印刷屋さんでも
    『うちは、子供向けの印刷物を作ったら日本一です』
    『主婦の人に向けが得意です』
    『○○地域なら自信があります』
    と、何か一番・特長があれば
    一度頼んでみようかとなり、それが良ければ
    じゃ、今度はこれもお願いしたいと広がっていくようです。

        何かの一番・特長が必要
    その探し方 (個人も会社も同じ)は、
    ⇒ なぜ創業したか?
    ⇒ 何をしているときが楽しいか?
    ⇒ お客様は、何を望んでいるか?
   ■ まー、ここまでは、よく言われていること
    これで、わかれば苦労はなく・・・(笑)
    それでもわからなければ
    とにかく、自社・自店・自分自身の
    ⇒ 短所、競合店と比べ劣っているところを出す
    ⇒ それを、ひっくり返す

    大量生産できなくて
    ⇒うちは手作りにこだわってます。
     だからいっぱい作れないんです。
    と、するなど。

  2) 部下の一番・適材適所の探し方
    月一度のやりたいことシートで発見
  3) 一番作りの事例
    ・ある美容室
      好きなことを特長に
      『天然ハーブ100%の美容室』
    ・なかなか数量ができない
      『手作りで丹精こめて作っているので
       数ができないからちょっと高いのです』

などなどの話しをしていきたいと思います。


■勉強会の様子を収録した CD+テキストセット 16,200円(税込)