第004回2007年12月『昨日入ったアルバイト君でも出来る、全面個別対応サービスの仕組みづくり』

12月のテーマ

昨日入ったアルバイト君でも出来る、
 全面個別対応サービスの仕組みづくり

~サービスって、人がするもの。だから教えればできる。
 と、思っている人がすごーく多い。
 実は、サービスが良いと呼ばれているところは
 良いサービスを、均一レベルで、継続してやる
 仕組みがあるのです。

12月のテーマは、【サービス!!】

接客に関係ないと思っている業種ほど、
他の会社と差がつくのがサービス。

この機会に、自社、自身のサービスをチェックしましょう!!

● ある美容室は次回来店でも今回の会話の続きができる、
  その記録方法とは?

● 他の美容室では、忘れないでお客様に
  お礼ハガキ、経過ハガキを忘れずに出す仕組みとは?

● ある事務会社での電話対応では
  今日入った事務の女の子でも

  『いつも大変お世話になっています』と

  上位客への言葉対応を変えているその仕組みは何?

● 世界一のテーマパークがあれだけ、従業員が
  笑顔でいられるたった一つの合言葉

● ある飲食店では、あいさつの種類を変えている。
  おもわず「にっこり」。その人にあったあいさつとは?

● 人口1万人の地方に7店舗、1店舗1億円を売る驚異の
  お菓子屋さんの接客は、まごころを伝える
  実践教育にあった。

などなどの話しをしていきたいと思います。

■忙しくて来れない人のためにも一つだけ誌上セミナー(笑)

 とっても電話応対の気持ちが良い不動産屋さん

 行くと笑顔が出てしまう本屋さん

 また行きたくなる原動力の一つに接客ってあると思うのです。

 もちろん、電話応対も接客の一つ。

 最初にお客様と接する(ファーストコンタクト)のが
 電話ですから、電話ってもっとも大切。

 電話応対が悪いと、
 (問合せや道を尋ねたり、内容の確認など電話から始まる)
 
 『まっ、いっか、行くのやーめよ』となります。

 お店・会社はせっかく電話番号をわざわざ探してくれ、
 電話代を使って接触してくれたお客様=見込み客を
 手放しても気づかない。(>_<)

 まだお店内なら、先輩社員がお客様対応のまずさにを
 気づき対処できるのに~~~

■サービスにはステップがあるのです。

 それを飛び越えることはありません。

 第1のステップ・・・最低限のサービス
          (これを守るのはマニュアル)

   マニュアルを最高と考えるまたは、マニュアルは
   良いサービスにつがらないと考えている方は非常に多い。

   そう考えている会社は、マニュアルがなく
   人に頼っていることが多く

   この人は良い接客なのに、この人は良くないとなる。

   今日入った女子社員でも上位客が判別でき
   そのように対応できるのは
   電話の横に、それがすぐにわかるものが置いてあるから。

   すると電話を取った人が最低限のレベル(不満がないレベル)

   で、次にベテランに代われば満足レベルになる。

   すると、満足の記憶しか残らないんです。

 こんないろんな日本一、世界一のサービス事例を伝えながら
 それが、
  ● 誰でもでき、
  ● 継続してできる

 仕組みをたっぷり解説していきます。

 ・飲食業、サービス業の接客業はもちろん
 ・通販、事務の会社、車販売店、本屋さん、

 などなど、接客をしない会社にも聞いていただきたい内容です。


■勉強会の様子を収録したCD+テキストセット 16,200円(税込)